入れ歯の心がまえ
最もいい入れ歯とは


いい入れ歯とはいい入れ歯とは、人によって違うと思います。

ある人は名人の作るすばらしい入れ歯が合っているし、ある人は使い古したすりへった入れ歯でもよく噛めるし、ある人はどんな入れ歯でもすぐ慣れてしまえる。また、ある人はどんな入れ歯を入れても満足できないという事もあります。

でも、入れ歯はやはりなかなか自分の歯のようにかめない物なのです。そこを忘れてはいけないのです。どのくらい満足するかは人によって違うのです。「俺は入れ歯で何でもかめる!」という少数の人の言葉にまどわされてはいけません。1人1人条件が違うのです。自分にとっての「いい入れ歯」を確立していくことが大切なのです。それは簡単ではないかもしれません。

それは、人間関係をも含んだ患者さんと歯科医との二人三脚の努力によって作られていくと思います。難しい時もありますが、是非あなたなりの「いい入れ歯」をみつけて下さい。

でも、もし私自身が歯がなかったら、私はインプラントを望むと思います。

どんな名人の作った入れ歯でも、固定しているインプラントにはかなわないと思うのです。インプラントにするには条件が合わないとできませんが、現在のインプラントは非常に優れており、様々なテクニックを駆使すればほとんどの方がインプラントを入れることができます。ただ費用がかかることもありますし、入れ歯かインプラントかは本人の気持ちも含めて選んでいけばいいと思います。

あなたにとっての「いい入れ歯」ができる事を祈っています。


戻る


ホーム入れ歯挫折のパターン入れ歯の心がまえ歯を抜いたままにしておくと
入れ歯を克服して食べよう|もっとも良い入れ歯とは|リンク集プロフィールサイトマップ