入れ歯の心がまえ
重要:入れ歯の心がまえ


入れ歯の心がまえ「歯が抜けたら、入れ歯を入れれば噛めるようになる」

誰でもそう考えると思いますが、それを使いこなすのはそう簡単ではありません。入れ歯を使いこなす為には、いくつかの戦いに勝たなければならないのです。


違和感との戦い

入れ歯には違和感があります。それは誰にでもわかる事ですが、どの程度なのかは実際に自分自身がやってみないとわからないものです。個人差もあります。入れ歯は、靴に例えると良くわかります。

例えば 40才や50才になって生まれてはじめて靴を履いた人がいたとすると、とても違和感があると思います。はじめての入れ歯はそれと似ています。そういう人は日本ではあまりいないかもしれませんが、未開の地でははだしで暮らしている人もいると思います。その人にピッタリの皮靴をつくってあげて「さあ 履いてごらん」というと、きっとその人は「なんだこれ!こんな物履いたら痛いし、歩きにくいよ!」と言うと思います。40年 50年 靴なしで生活していたら、はじめての靴はきっとしめつけられ、窮屈に感じるでしょう。靴に慣れていない人は、「靴をはいたら歩けないよ」と言うでしょうが、我々靴に慣れた人は「靴がなければ歩けないよ」と言います。

入れ歯も同じなのです。入れ歯をはじめて入れた人は「こんなの入れたら食事しづらいよ」と言うでしょうが、もう使いこなしている人は「入れ歯がないと食事しづらい」ときっと言います。要は慣れなのです。慣れなければない方がいいと思うし、慣れてしまえばあった方がいいのです。

最初の違和感をがまんしてのりきれば、「靴がないと歩けない」と同じ様に絶対必要で頼りになるものなのです。入れ歯は違和感を乗り越えて挑戦する心が必要なのです。

「私は入れ歯に慣れるかしら?」ではなく、「よし。入れ歯に挑戦して物にするぞ」という心が必要なのです。


発音との戦い

言葉をしゃべるには 口の置くから口の外に向かって空気がうまく流れ出なければなりません。その空気の流れを下や唇で変えながら我々はいろいろな言葉を発音しているのです。

入れ歯が入ると、(特に前歯に入ると)、その空気の流れ方や舌や唇の動きが変わってしまい、今までとは発音がうまくいきません。ただし、これも慣れの問題なのです。しゃべりにくいからと言って、しゃべらなければいつまでも上達はしません。これは練習によってどんどん解決していくものなのです。

最初は人前だと恥ずかしいで、1人の時などに声を出して本を読んだり、「さしすせそ」などの発音練習をしたりすると 早く慣れる事ができます。努力しだいでスムーズに話せる日が早くくるのです。


調整

自分自身の歯に詰め物をしたり、かぶせ物をしたりする時は、出来上りの日が完成の日です。でも入れ歯は違うのです。入れ歯はできあがってから、何日か調整をして、そして本当の完成となります。

なぜなら、つめ物、かぶせ物は固い歯にのせるので、すぐ安定を得られるのに対して、入れ歯はやわらかい粘膜の上にのせます。粘膜は圧力を受けてへこんだり、口を動かすことによって動いたりするので、固い入れ歯がその上で安定する事は難しいのです。

靴屋で靴を買う時、ピッタリだと思っても実際に歩くと新しい靴は、靴ずれをおこすものです。入れ歯も靴ずれみたいに口の粘膜にあたって痛い所ができます。その部分を歯医者が当たらない様に調整する事が必要なのです。そして「当たる」というだけでなく、咬み合わせの調整やバネの調整などいろいろな調整を何度か行って、入れ歯は本物になるのです。(調整は、2〜5日位が普通です。)

という事は、入れ歯を入れた日はまだ本物ではないのです。つまり、調整すればする程調子が良くなるので、入れた日は一番調子が悪いという事です。「今日は入れ歯が入るからうれしいな!今日はステーキだ!」 などと言う事はできないのです。

これを知らないと入れ歯を入れた日は調子が悪いので、その入れ歯の本当の実力が出る前に入れ歯がダメだと悪い評価を下してしまう事があります。入れ歯は調整してから本物になるのです。


戻る


ホーム入れ歯挫折のパターン歯を抜いたままにしておくと|入れ歯の心がまえ
入れ歯を克服して食べようもっとも良い入れ歯とはリンク集プロフィールサイトマップ